ブログネタ
サンタクロースにまつわる思い出は? に参加中!
日が変わって今日は今上天皇の81歳の誕生日となってしまいましたが。
天皇誕生日についてはまたの機会に書くことにして。
今回はタイトルにある通り、「国歌」についてつらつらと書くことにします。

皆さんは日本の「国歌」は何だか知っていますでしょうか?
そう、日本の国歌は「君が代」であると「国旗及び国歌に関する法律」によって定めらています。
「君が代」の歌詞は知ってのように以下の通り。

君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
いわおとなりて
こけのむすまで

そして意味は以下の通り。

「君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれにさらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように 」

ここで「君が代」の「君」が「天皇」という意味であり、これが天皇の治世がずっと続きますようにという意味だから軍国主義だとかいう逝かれた人たちの事は無視をしまして。
ここで言う「君(きみ)」と言うのは「愛し尊敬する人」と言う意味。決して「天皇」と言う意味ではありません。

と、今回は「君が代」ではなく「国歌」についての話。

まず、「国歌」と言うもののほとんどは「賞賛、献身または愛国心の歌」と定義されるもので、歌詞にもそのようなものが多いのが特長です。

例えばアイスランドの国歌の1番の英訳は以下のようになるようですが。

Oh, God of our country! Oh, our country's God!
We worship Thy name in its wonder sublime.
The suns of the heavens are set in Thy crown
By Thy legions, the ages of time!
With Thee is each day as a thousand years,
Each thousand of years, but a day,
Eternity's flow'r, with its homage of tears,
That reverently passes away.
Iceland's thousand years,
Iceland's thousand years!
Eternity's flow'r, with its homage of tears,
That reverently passes away.


これを翻訳ツールを用いて日本語に訳してみるとだいたいこんな感じ。
いろいろツールはあるようですが、だいたい似たような意味になるよう。

おお、私達の国の神!おお、私達の国の神!
私達はその不思議崇高なもののなんじの名前を拝む。
天の太陽はなんじの冠に設定される
なんじの軍隊で 時間の年 !
個々の日が1000年としてTheeによってである、
年の個々の1000けれども1日、
涙のその敬意を持つ永遠のflow'r 、
それは敬虔に亡くなる。

まぁ分かりやすく言うと、国の神に対する賞賛、もしくは神に対する祈りと言ったほうが早いですかね・・・。

次にアルメニアの国歌。
Our Fatherland, free, independent,
That has for centuries lived,
Is now summoning its sons
To the free, independent Armenia.
(和訳)私達の祖国自由独立である、
それは、住んでいる数世紀の間持っている、
現在その息子を呼び出している
自由に 独立なアルメニア 。 

次にエジプト国歌の訳詩。
『わが祖国、わが祖国、わが祖国、
 わが愛と心は汝の為にあり
 わが祖国、わが祖国、わが祖国、
 わが愛と心は汝の為にあり』

更にオーストラリア国歌(Advance Australia Fair)「進め 美しのオーストラリア」の和訳詩。
『全てのオーストラリア人よ 喜ぼう
 我らは 若くて自由
 労苦に代わる黄金の土地と 富を持つ
 我らが故郷は 海に囲まれ
 大地は自然の恵みに 溢れんばかり
 豊かで稀有な 美しき自然
 歴史のページの あらゆる舞台に
 美しのオーストラリアよ 進め!
 楽しい調べで さあ 歌おう』

これらの歌詞を見てもらうとわかりますように、歌詞自体が国の神を崇める、もしくは自分の国がこんなに大地に恵まれていて、自然に溢れ、大変いい所なんだよ〜と言うものになっているのが結構多い訳で。
お隣支那なんてこんなのだもの。
『起て!奴隷となることを望まぬ人びとよ!
 我らが血肉で築こう新たな長城を!
 中華民族に最大の危機せまる、
 一人ひとりが最後の雄叫びをあげる時だ。
 起て!起て!起て!
 我々すべてが心を一つにして、
 敵の砲火をついて進め!
 敵の砲火をついて進め!
 進め!進め!進め!』
歌詞から完全に軍国主義やんかと。
こういうものを「軍国主義」と言わないで何と言おうかって感じですな。

それに対して日本の国歌である「君が代」。
意味は前に挙げましたように、 
「君が代は、千年も八千年も、細石が大きな岩になってそれにさらに苔が生えるほどまで、長く長くずっと続きますように 」
なのですが、この歌詞の意味についてはいい事を書いている方がいらっしゃいますのでその方のものを引用させていただきまして、

「きみ」=完璧に成長した男女が、
「代」=時代を越えて
「千代に八千代に」=永遠に千年も万年も、生まれ変わってもなお、
「さざれ石の巌となりて」=結束し協力しあい、団結して
「苔のむすまで」=固い絆と信頼で結びついて行こう

つまり、「完璧に成長した男女が、時代を超えて永遠に千年も万年も生まれ変わってもなお、結束し協力し合い団結して固い絆と信頼で結びついていこう」と言う意味だとも言うのです。
両方の意味からして「人の愛と繁栄と団結を高らかに歌い上げた祝いの歌」である事が判るでしょう。

もう一度言います。
国歌というものはだいたいは「賞賛、献身または愛国心」が込められているものです。
祝いの歌を歌詞にしているような国歌は日本だけであり、また、その歌詞そのものも日本人そのものを表している。
これこそ的確な歌詞は他にないと思うのです。

日本には他の国にはない素晴らしい歌詞である「君が代」が国歌として存在している。
私たち日本人はもっと「君が代」を日本の国歌として誇りを持つべきだと思うのです。